あり得ない採用取り消し

私が社会人になって3年目が経った頃の話です。その頃私はインテリアに携わった仕事がしたくて、正社員ではなくアルバイトでしたがインテリアショップで働いていました。

最初に働いていたインテリアショップに3年ほど勤めたのですが、その店では社員登用の制度がなく、なかなか社員にはなれませんでした。なので私は将来の事なども考えて、社員として雇ってくれる店かもしくは社員登用の制度がきちんとした店への転職をする事に決めました。そして見つけた店がキッチン雑貨の店で、そこでも最初はアルバイトとしての勤務スタートだったんですが、その店では社員登用の制度がしっかりしていてアルバイトから社員になった人も多いと言う話を面接で説明していただきました。そして面接を受け、見事その店に合格。後日また電話するので勤務開始日を相談しましょうと言われ、連絡を待つ事にしました。

そして働いていたインテリアショップの店長には以前から辞める意思を伝えていたのですが、転職先が見つかった事を報告して、改めて辞める日の相談をする事に。普通別のお店に移るなんて失礼な話ですが、店長は本当に良い人で私が社員になりたいという気持ちも理解してくださっていたので、正直に全部相談したら快く応援してくれたんです。そして相談の結果、急ではありましたが2週間後にインテリアショップを辞める事になりました。

そしてその後すぐに次のキッチン雑貨の店からも連絡が来て、私は勤務開始日を相談しようと思ったんですが。その電話ではとんでもない内容で。なんと私の採用を取り消してほしいと言ってきたんです。私は訳が分かりませんでした。人事の人の話では、働く予定だった店舗で手違いがあって雇う事ができなくなってしまったなどの理由を説明されましたが、そんなすぐに納得できるわけもなく私はもう職場にも辞めると伝えてしまったと、怒りをぶつけました。

けれど人事の人はただひたすら謝るだけで、結局どうにもならず。私の採用は取り消されることになってしまいました。翌日私はその事をインテリアショップの店長に話しました。話を聞いて店長もあり得ないと怒ってくれて、慰めてくれました。そして店長は本当に優しくて、辞めるのは取り消してもう少しうちの店舗で働いたら?と言ってくれたんです。私はそれはさすがに申し訳ないと言って断ろうとしたんですが、残ってくれたら助かるからと店長は言ってくださって。本当に申し訳なかったんですが、結局私はインテリアショップに残ることに。

まだ辞めるまで期間があった事、他のスタッフにも辞める事を伝える前だったのが幸いでした。そしてその後結局ずっと私はそのインテリアショップで働き続けました。店長に本当に感謝していたし、改めてこの店が好きという事に気が付いたからです。逆にあのキッチン雑貨の店に雇われなくて良かったのかもしれないと後から思うようになりました。無理に採用されていたとしても、あんな失礼な店で働いていてもわだかまりが残っていたかもしれないし、社員になれなくてもインテリアショップで働いていた方が楽しくて幸せだったからです。

しかも社員にはなれませんでしたが、店長には色々責任ある仕事を任せてもらえるようになりましたし働いていて本当に充実できていました。数年経って店長も別の店舗へ異動になったし、私も結局辞めて他の仕事をする事になったんですが、あのインテリアショップでの経験は本当にかけがいのないものだし、スタッフのみんなとも一緒に働けて本当に良かったです。あのキッチン雑貨の店を見ると今でも嫌な思い出がよみがえってしまって、買い物もしたいと思いませんが。雇われなくて良かったと今ではせいせいするようになりました。